社会福祉士事務所 ソーシャル・サポート 本文へジャンプ
  サービス概要
主な用語説明


社会福祉士
社会福祉士とは「専門的知識及び技術をもって、身体上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うこと業とする者」とされています。
【下記等の施設にて、相談業務を行っております】

1.児童福祉法関係施設 (児童相談所、養護施設、知的障害児施設等)
2.身体障害者福祉法関係施設 (身体障害者更生施設、身体障害者療護施設等)
3.生活保護関係施設 (救護施設、更生施設等)
4.社会福祉法関係事業所 (福祉事務所、社会福祉協議会等)
5.売春防止法関係施設 (婦人相談所、婦人保護施設等)
6.知的障害者福祉法関係施設 (知的障害者更生施設、知的障害者授産施設等)
7.老人福祉法関係施設 (特別養護老人ホーム、在宅介護支援センター 等)
8.母子及び寡婦福祉法関係施設 (母子福祉センター等)
9.医療法関係施設 (病院等)
その他、個人事務所で
社会福祉士事務所においての相談・援助業務や、介      
護保険法における介護老人保健施設、
地域包括支援センターの相談・援助      
業務があげられます。

社会福祉士は、専門成年後見人に家庭裁判所より選任されます。

成年後見制度
【任意後見制度】
 病気、障害、高齢で、家族や親戚の方が何らかの理由で、あなたに対して、サポートできない場合や、家族や親戚の方が遠方にいたり、家族や親戚がいない場合に、一人でどうしたらわからなくて、悩んでいる方々がたくさんいらっしゃいます。
 あなたの判断力がしっかりしているうちに「任意後見契約」を公証役場で公正証書で締結する契約を任意後見契約といいます。これは、元気なうちに、判断力が低下しても金銭管理や医療・福祉サービスなどの調整をあなたに代わりきちんと実行してもらえる様「任意後見人」に依頼しておく、法律によって定められた制度です。任意後見人は裁判所が選んだ「後見監督人」が監督します。

【法定後見制度】
認知症(にんちしょう),知的障害(ちてきしょうがい),精神障害(せいしんしょうがい)などの理由で判断能力(はんだんのうりょく)の不十分な方々は,不動産や預貯金などの財産を管理したり,身のまわりの世話のために介護などのサービスや施設への入所に関する契約(けいやく)を結んだり,遺産分割(いさんぶんかつ)の協議をしたりする必要があっても,自分でこれらのことをするのが難しい場合があります。また,自分に不利益な契約(けいやく)であってもよく判断ができずに契約(けいやく)を結んでしまい,悪徳商法(あくとくしょうほう)の被害にあうおそれもあります。このような判断能力(はんだんのうりょく)の不十分な方々を保護し,支援するのが成年後見制度(せいねんこうけんせいど)です。知的・身体的障害の子供をお持ちで高齢となった親にとっても、安心できるシステムです。

公証役場の公証制度
公証人役場とは、各法務局の管轄で、私的書類を法的効果のある書類にしてくれるところです。この公証人がおこなう手続きを「認証」といいます。
利用者と代理人が、生活支援、財産管理等の契約について、法務大臣により任命された公証人が公正証書の作成、認証その他の方法により、公的にこれを証明することにより、代理人が利用者をとりまく関係機関(病院、施設、銀行)になどに、しっかり公的に証明された代理人ということを示して、利用者の生活の安定と私的紛争の予防を図ろうとする制度です。
公正証書
公証人は,お客様(嘱託人)から聴いた内容を法律的に構成して,公正証書という名の文書を作ります。
不動産売買契約,不動産定期賃貸借契約,一般賃貸借契約,消費貸借契約,リース・レンタル契約,委任契約,マンション規約の設定など取引上の公正証書はたくさんあります。
家庭に関する公正証書としても,遺言,任意後見契約,遺産分割協議,離婚(養育費,財産分与,慰謝料の約束),年金分割契約,尊厳死に関する宣言など,いろいろな例があります。